「施工物はいつか崩れる」というやり方から「生態系を復元させる」発想へ。

 

今までの登山道を直すときは「土木工事」の考え方が使われてきました。
規則正しい配置の階段が出来たり、コンクリートや石畳路面になったり、

およそ自然界に存在しない構造物が施工の主流でした。

               

     

 

 

しかし、それらが自然に受け入れられているかというと

そうではないように見えます。
自然を成り立たせている、風が、水が、寒さが、また利用する登山者が、施工した構造物を壊す働きをしています。
「土木工事とは自然と相反するもの」という雰囲気が出来、

時間が経てば壊れてもしょうがない、という流れになっています。


ですが、施工後、崩れることなく自然が復元していく場所もあります。
施工物が崩れる施工と自然が復元する施工の違いは何でしょうか?
大雪山・山守隊は、その理由を観察し、理解し、実践していくことで、
自然に受け入れられる施工が実現できるのではないか、と考えています。
そしてそれを可能にする発想があります。

 

「近自然工法」という発想。
これは侵食を止め、生態系を復元させる考え方です。
「生態系の底辺が住める環境を復元させれば、おのずと生態系のピラミッドが出来上がる」という発想です。


自然に近い工法・・・自然界の構造物を理解し、その形を再現すること
自然に近づける工法・・・施工後、生態系が復元し、自然が再生していくこと


自然に合った施工が出来るとこういう感じに・・

 

大雪山・愛山渓での施工 2005年施工前        施工直後                10年後